渓流釣り 釣行記25

岩魚のめは写真とビデオが多い渓流釣りのサイトです

写真はクリックすると拡大するものがあります 注ビデオも大変多いです



群馬県の釣行予定が栃木県に! 06年7/15 釣行
朝5時半、群馬へ向かって出発。関越道を目指して「美女木JKC」に着いたら(ここは左折すると関越道、右折は東北道・常磐道につながる分岐点だ) 左側が大渋滞!!
どうする?どうする?どうする~!?・・・・(>_<) 右折しちゃった… 

友だちのクラさんが大切にしている岩魚の沢が、ブルックトラウトに似た魚に侵食されているという話を聞いた。だからその川に行くつもりだったのに…クラさんごめんなさい。
       さて困った!どこへ行けば…

群馬と決めていたので地図さえない。桧枝岐に行こうか…と考えながら北上していて、ふと栃木県○川支流のB川が脳裏に。
SYUさん
に教わったB川は広葉樹に包まれた美しい渓だが、初めて行った昨年の8月は釣れなかった。
10時半に駐車スペースに着くと先行者らしい車が数台。この時間じゃ仕方がないよね。しかも雨まで本気で降り始めて…(__)
最低限の道具だけをポケットに突っ込みカッパを着て出陣。アップダウンの少ない遊歩道と杣道が渓に沿って続いているので、とても楽な歩きだ。しかしビニール合羽は蒸れるし、ベタベタして気持ち悪いな~!

 60cm位の子供のヤマカガシです(^^)
山歩きは危険が
ぬかるんでいるため油断はできません。
釣行には障害物がつきもの
巨大な倒木を超えたところで川に降りる。
美しい渓流
1匹めの岩魚
一投目できた岩魚
渓に降りたら急に雨はやみ、
そして天国のような時間が訪れたんです!

また岩魚 チョッと小さい岩魚
これも小さい 少し痩せている岩魚
残念な事に写真はピンボケばかり。設定ミスでした。
いくらでも釣れるじゃ~ん!!\(^o^)/
最初のポイントだけで7匹。その後もどんな小さなポイントにも魚がいて10投中7投の割合でアタリがあった。
しかも21~22cmの良く肥えた岩魚が多くチビは少ない。 
いつもと違う岩魚たち

しばらくして普段と違うものを感じてきた。
◆ほとんどハリを呑まれない。逆に浅く掛かっているから素早く取り込まないと直ぐに外れてしまうのだ。
◆釣り上げた後も暴れ方が激しくて、普段の何倍もの力で握り締めていないと、強烈に体をねじって逃げてしまう。
◆放すと岸に向かってジャンプしたり、まったく方向違いの所に突進したり…?

◆何度も噛まれた!初めての経験だ。
良形の岩魚
タモも生かし魚籠も持っていなかったので撮影に困りました。魚を弱らせたくなくて、チョッと水に浸けたことで何匹逃げられたことか(^^ゞ
     ↑写真クリック…ドタバタビデオ(音付)
B川で釣れた山女魚は2匹だけ。RO
岩魚 岩魚 岩魚
リリースビデオ:「あわてて逃げるチビ岩魚」2.02MB 「次も私に釣れてね」 1.56MB
イワナ イワナ
イワナ イワナだらけ~
                     岩魚の岩化け 
オレンジ色の腹を見せてジャンプした岩魚は大きかった!竿が持って行かれそうな強い引きにWハンドで持ちこたえていると、突然ピタッと動きが止まって今度はビクとも動かない。
な、なんだよ~!?一体何が起こったんだぁ??? (@_@;)
去年9月の釣行で、根がかりしたと思い、あおったら大岩魚が飛び出してきたことがあった。でも短気な私はやはり3分と持たない。無理矢理引っこ抜いたら結局糸が切れた。ハリが外れて岩に引っ掛かったんだろう。と考えた。
でも同じ事が3回もあって分からなくなってしまった。岩なのか岩魚なのか?

私の仕掛け:ハリス/フロロ0.3号 道糸/フロロ0.8号 オモリ/4B ハリ/7.5号(細め) 竿/4.5~5.35mの3WAY硬調 釣り人/ヘボ
25cm以上の岩魚を釣ったことがないので自信がない。
笹濁りの川
白濁した川

唯一お刺身になった岩魚。
RO
蕗の葉で包みヨモギで縛りました。
       ますます下手になった気分
遡行距離わずか150mほどの区間で、釣れた岩魚は数十匹。なのに所要時間は飲まず食わずで5時間30。失くしたハリ25本。仕掛けは2度作り直した。
変!(・・?  なぜだ?…そうだ!
滅多やたらに枝を釣っていたんだよ。釣っている時間の何倍も、枝に絡んだ仕掛けを外したり、こんがらがった糸を始末したり、ハリを付け替えたり…       
      分かったぞ!と勝手に納得

つまり岩魚が大きく&たくさんバラしたからだ!
スレ鉤派だが今回ほどバラした経験はない。大きなハリを小粒の魚が食った場合には外れる事があっても、それなりのサイズの岩魚であれば、たとえ返しがなくても簡単に外れはしないと思っている。
まして今回はチョウチンではないから、竿を縮める必要もなく取り込みは楽なのだ。
多分掛りが浅い事と、暴れる岩魚だったからだ…ろう?
重い魚が空中で外れた反動で、竿が跳ね上がって頭上の枝に仕掛けが絡んでしまったのだ。
イワナ 岩魚 岩魚は岩魚だ!
たくさんバラしたし枝も釣った。でも岩魚もたくさん釣れたもんね。もう帰ろうとさえ思った。
  仲良くなったトンボの写真
写真クリックでトンボと遊ぶビデオ :ずっと私の後を追って来たトンボ。最後は手にとまった。
トンボと戯れて空を見上げると、幸せな気持ちで一杯になった。
誰にも会わなかった。トンボと私と岩魚だけだぞ~(^O^) 渓流は独り占めに限るね!

翌日またA川に入った私…さてどうなったか!? 
PART2へ進む  釣行記トップに戻る  岩魚のめに戻る