渓流釣り 釣行記26

岩魚のめは写真とビデオが多い渓流釣りのサイトです

写真はクリックすると拡大するものがあります 注ビデオも大変多いです



新潟と群馬を結ぶ関越トンネル  H18年 8/9~12 新潟~群馬の釣行
「”トンネルを抜けると、そこは雪国だった”って昔の関越トンネルのことだよね?」と相方。
「あれは岩手県じゃなかったっけ?」^^;
  関越トンネル:1985年開通 下り線10,926m
           1991年開通 上り線11,055m
  日本一長い道路トンネルで世界でも5番目

最初の目的地毛渡沢に到着したのは自宅を出て5時間30分後。関越道に乗るまで普段の倍の所要時間だから仕方がない。台風の接近で天候に不安があったが新潟は晴天だった。
         トンネルのビデオ
すでに午後4時に近く上流の車止めまで行ってもきっと先行者で一杯。それに直ぐに日が暮れてしまうので下流部でお茶を濁す事に。     ↓2枚ともRO
2人してカジカが2匹かよ~!(ーー;) お茶濁しすぎ     この怒った顔…誰かに似ている^m^ 

8/9夜 全身100ヶ所以上を蚊に刺されて眠れない
関越線の鉄橋
拡大
8/10朝 上越線の鉄橋
景色に溶け込んだデザインですねぇ
8/10清津川支流
チョッと隠れていそうに見えて竿を出したが全~然。川に入ったら驚くほど冷たくて3分と入っていられない。水温を計ったら7℃だったぞ!(@_@;)
        RO→
清津川支流 水温
岩魚のスレ       早々に移動した川で…

来た来た~!でもなんか変!?
岩魚が逆立ちしてる…(*^_^*)
ボケ写真で分かり難いけど、尾鰭近くをハリが貫通しております。
※結果、今回の釣行はは2匹がスレ掛かりでした。
そして天国から地獄
グ~ンというアタリがあり大きな岩魚が水面に飛び跳ね、私は心の中で「やったぁ!」と叫んだ。
「ケケッ、これで今回の釣行記もカッコがつくぞぉ」「相方に自慢できるナ」「上手いじゃん」(^v^)
人間の脳って1~2秒でも凄くたくさんの事を想像するんですネ。その時の顔はこんなかな。

次の瞬間猛スピードで逃げる岩魚と私の仕掛け…!???
少しの間、何が起こったのか分からなかった。竿のトップが抜けて仕掛けごと岩魚君に持って行かれてしまったんです。
こういう悔しさって日常に滅多にない。釣りをしない人には伝わらないだろうな~(ーー;)
岩魚がいた川
     ここで大きな岩魚が飛び出した
「逃がした魚ほど大きい」は真理。下手な私には
釣れませ~ン。
竿のトップが壊れちゃった~(T_T) ↑RO
シマノの「渓峰」は私のお気に入り。
実は2本持ってるんです。
2匹目の岩魚
これも2匹目の岩魚
3匹目の岩魚
4匹目の岩魚
相方のカメラはオリンパスμ10。ピンボケばかりで使えないよ~。         ↑私 4枚拡大 
もう少し撮影の練習した方がいいと思います!キッパリ                ↓相方 2枚拡大 
相方の岩魚
相方3匹目の岩魚
釣りの間も頻繁にヘリコプターが頭上を通過。

標山の山小屋の新築工事のためヘリでコンクリートを運んでいるようでした。およそ10分間隔で往復していました。
ヘリのビデオ(音付)
 一休みして移動
↑拡大
←RO
群馬 赤谷湖 三国峠を越え新潟から群馬へ
清津川はSUEさんが良く行かれているので詳しく聞いておけば良かったかナ…
と反省しつつ群馬の赤谷川方面へ
赤谷湖
     行き当たりばったりでここに到着→
赤谷川の支流
山女魚ダス
   まぁまぁの山女魚 
初期作品 名づけてイソギンチャク
しかし投げても投げても何の反応もない。釣れる気もしない。気持ちを切り替えてワザと難しいところに投げてみたりした。やっぱり石垣大先生の『渓峰テンカラ』とレベルラインは素晴らしい!私みたいなビギナーでもほぼ思い通りの所に飛ぶ。で、この倒木の間に落としたら…ヒットしたんだけどな…  きた~~~!RO→
でも外れた~!からんだ~!ポチャン?
ラインが絡んじゃった
 レンズ落ちた~!(ToT)
左のレンズが落ちた

PART2へ進む 釣行記トップに戻る  岩魚のめに戻る