渓流釣り 釣行記26-2

岩魚のめは写真とビデオが多い渓流釣りのサイトです

写真はクリックすると拡大するものがあります 注ビデオも大変多いです




みなかみ町猿ケ京温泉「まんてん星の湯」
入浴料/大人650円/10時~21時良い施設ですが、我々は町営温泉300円へ^^;
さすがにオニギリばかりでは飽きてしまった。結構美味しかったですよ。特にこの鍋焼きうどんは良いお出汁でおススメ!
   8/10の夜は猿ケ京にあったパーキングで就寝

クラさんが見つけた岩魚モドキのいる片品川支流へ行く事にしたが、頂いたメールをコピーし忘れたので不安になってクラさんにTEL。岩魚モドキの件でクラさんがシンドイ思いをしているのは想像できた。世の中には人を傷つける事に快感を持つ人々がいることを私も知っていますからね。でも善意の方々も多勢いてクラさんをバックアップしているのも事実。きっと私が一番役立たずだろうな~(^^ゞ

8/11 群馬県片品川支流

目的の川の前に小さな沢に入ってみることにした。去年この沢を教えたくれたのもクラさんだ。
釣れないな~結局こんな岩魚が1匹だけ 相方も2匹だけ
不明:小さいけど奇麗 拡大 ヒラタケ…かな? 拡大 マタタビ…かな? 拡大
  さて、いよいよ例の川へ

来てみて思い出したが、そこは一昨年に来ている渓流だった。
下流部までしか入っていないし、釣れなかった。でも岩の上で立ち往生している蛇を助けたのをハッキリ覚えている。
     ずいぶん渇水

撮影の構図とサイズが違うのでちょっと分かり難いが、水量の違いは分かるはず。
先に入った沢は水量タップリだったのにな~
←RO
←1匹目 小さ過ぎて…?
3匹目 あえてフラッシュ撮影したら明らかに岩魚モドキ→
もっと掛かったのだがどうしてもバレる。今日の釣りはどこかおかしい。(・・? 
いや、いつもの事か(^^ゞ  2枚とも拡大
8/12 急遽クラさんと落ちあいクラさん推薦の渓流に案内して頂くことに!(^_^)v
クラさんとはこれで3回目。午前4:30、待ち合わせ場所で約1年ぶりの再会です。でも久しぶりという気がしないんだな~
エピソード:実は私が「岩魚のめ」をスタートさせて間もない頃、クラ爺と名乗る方から群馬の渓流の詳しい地図を添えたメールが届きました。なんて親切な方がいるんだろう!と感激したのですが、それがクラさんと分かったのはかなり後でした。細流さんSINさんのところで何度も接触していたのにねぇ(^・^)
そんなクラさんですから前日イクラで不調だった我々のために、わざわざミミズとブドウ虫を持参してくれました。ホント良い人だ~(ToT)
ブドウ虫を未だに使ったことがない私。yonpapaさんにも頂いたが使わずじまい)
触ったらプヨプヨしていて気持ちが良い。食べられそうだなぁ。
ブドウ虫はお尻から頭に向けてハリを刺し、ハリ先は隠した方が良いそうだ。ベロベログチョグチョになっても有効との事だから、考え方によっては安上がりかも。
←拡大 でも仕掛けが切れちゃ元も子もないよ~! 相方はミミズを頂きました。
クラさんは敏感肌。だから真夏でも長袖 どこか似てない?この2人 RO
キッチリ釣るんだ~この方は写真クリックでビデオ 全然似てない!この2人(^v^)
               ハリについて①
腕が悪いのは承知!それにしても初日に比べ、昨日は良くバラした。何故だろう?良く考えたらこの金色のハリの時にバレが多いと気がついた!
千葉県では渓流用のハリが少ない上に「スレバリ」なんてゼロ。だから適当なハリで済ましている私。幸い去年は良いハリのストックがあったが、それもそろそろ底を尽いて最近はこの金色のハリを頻繁に使っていた。やっととハリの違いは大きいと分かった!良いハリだと失敗が少ないしピシッとしてるんですよね~。      

鮒か海釣り用のハリ 拡大
竿が大変だよ~!
堰堤手前で一旦林道に上ってからだ再度上流から入渓。そそくさと竿を伸ばしていたらジャリジャリだ!
タオルで拭くと竿は泥だらけ!?しかもトップから手元まで…???そんなに汚した覚えはない。
仕方なく川で竿を洗おうとしてやっと理由が分かった。左手のグローブにベッタリ泥が着いていたのだ!
実は渓に降りる際、浮石で足を滑らせて転んでいた。私はその時手に着いた泥に気付かず竿を伸ばしていた訳だ。
クラさんと相方が遠くから心配そうに見てたっけ。トホ
雲だ!風だ!雷だ~!
唐突に空模様が怪しくなって、アレよアレよと言う間に突風と雷のあと雨が降ってきた。
木の下に逃げ込んだものの、雨が強くて暫し岩の凹みに避難。
幸いほどなく雨は上がった。
つい先日買ったばかりのザックカバー(980円)が早速活躍→
ハリについて②
私はヘソ曲がりだから人に素直に従えないし、人マネしないぞ!とツッパッてしまう。
ブドウ虫は水中での動きが良く見える。だからオモリが4Bでも餌はかなり浮いている事が分かった。
さて、クラさんを横目でチラチラと盗み見ると…オモリの位置が違うぞ!?
私のはオモリからハリなで20cm。クラさんは10cmだ。オモリの位置は状況によって変えるものと分かっていても、私の仕掛けは道糸+ハリスだから、結局ハリスの長さを変えなきゃならない。それは面倒なのだ~!
帰り道で思い切って尋ねるとクラさんは「通し仕掛け」だった。
「通し」はたけちゃんからも聞いていたが、目が悪くて現場で結ぶのは無理なんだよね…。
するとクラさんは「自動ハリ結び器」を使っていると教えてくれた。
ハリ結びが好き。だから避けてきた道具だが、もう使うっきゃないか。

クラさんと同じハリ結び器
    じゃあ、また来年!
昼過ぎに切り上げ「また一緒に行こうね」と約束してクラさんと別れた。クラさん、ありがとう。
釣果 全てリリース
相方…岩魚10 チビ山女魚多
     数 カジカ1
私……岩魚10 山女魚1 モド
     キ1 カジカ1
告白:コンビニで2人分の遊漁券を買った。1人2100円だと言うので5千円札と200円出したらお釣りが3000円…?「1人1100円だったよ~安いね!」と車内で待つ相方に渡すと1枚2100円と書いてある。逃走聖人君子にはなれない我々でした

釣行記26に戻る  釣行記トップに戻る  岩魚のめに戻る  釣行記27へ進む