渓流釣り釣行記39-1

岩魚のめは写真とビデオが多い渓流釣りのサイトです

写真が多くビデオもあるので、表示に時間がかかります


2009年9/15(火)~17(木)栃木県渡良瀬川水系

自宅から街道に出た所でクーラーと餌を忘れたことを思い出してUターン。いつものGSで給油していたら、「変な臭いがしますね」と言うので見てもらったら、ラジエーターの水が腐食しているしオイルも少ないとのこと。そこから始まって、アレヨアレヨという間に不備が見つかって…
パジェロは大食い
なんと80,000円!?
(*_*; 随分整備してないから仕方がないのかも知れないけど…
なんか出ダシからつまずいちゃって、行くの止めようかな~ぁ、てな感じ。
平日なので渋滞もなく、パジェロV6 3500君の走行も快調!
でも目的の川に着いたのは予定より2時間遅れの午後5時でした
体長30cmなのに、痩せて小さく見える哀れな岩魚
渓流は霊的なことが多いのです
この渓には2007年9/14以来だが、ビックリするほど水がない!
初めて来た6年前から年々水量が減っているような…
チビ2~3匹が釣れた時点で暗くなってしまい終了。

とりあえずヤマメ とりあえずイワナ
←拡大真中に白くて丸い光。多分水滴ですが、不思議な事も多い渓なんです
お巡りさんに職務質問
私の釣りはいつも2泊3日で車中泊。この日もコンビニ弁当で夕食をすませたあと、一杯やって早々に就寝。
ぐっすり眠っていたら突然窓を叩く音がして「もしもし~どうしましたか~」という男性の声だ! 懐中電灯でこっちを照らしているので、それがお巡りさんだと分かるのに少し時間がかかった。「最近この先で自殺者があったんですよぉ」とか「こんな場所で寝ている人は初めてだ」とか「何処から何しに来たのか?」とか、ネホリハホリ質問して免許証まで控えてパトカーは去っていった。
何度もこの場所で車中泊しているが、職務質問なんて初めて。『クレヨンしんちゃん』原作者の行方不明と関係があるのかな…

  9/16(水)
自分が落としたペンチだ!
錆びたラジオペンチ
これ私が落としたのです\(◎o◎)/!
こんな岩魚だけ~
お互いにビックリ
1つ目の堰堤の手前で、後ろの岩陰から突然人が現れた。今回の釣りで唯一出合った釣り人だ。向こうも驚いた様子で「下から入ったんですか?」と聞く。私が頭ハネしたと疑ったんだろう。「ハイ、一番下から上がってきましたよ」 男性は「いつもの半分以下の水量だし、森に保水力がない川なので年々水は減っている」と言って去っていった。
渇水 
 絶対に魚が潜んでいる岩

 以前はこの黄色いラインまであったの
  に今はこんな風に。しかしどんな 状況
  でも、ここには大岩魚とたくさんの魚
  が潜んでいるという確信があった。
  ただし、もの凄く警戒心が強くて、用
  心して近寄っても直ぐにバレてしまう
  んですよね~ 
岩陰から魚をおびき出す奇妙な方法
上流から静かに餌を流しても何の反応もしないのに、真中にポチャンとオモリの音を立てて落とすと、「なんだ、なんだ!?」てな感じで、岩陰から飛び出して餌に寄って来る。何度繰り返してもその反応は同じ。
でも、何匹か喰い付いたものの釣り上げることはできず、途中でポチャン。(^^ゞ 
釣らずに獲ったマイレコード 30cmの大岩魚
1つ目の堰堤を越えると、ますます水は少なくなって、だんだん気持ちが疲れてきた。すると近くでトプントプンと水音がするので、その方向を見ると大きな岩魚が!?
尺イワナを捕まえちゃった
生まれて初めて岩魚を手づかみしました!
頭ばかりでかくてガリガリに痩せて、小さく見えますが30cmぴったりサイズです
頭ばかり大きい岩魚
ゲッソリと痩せて・・・
尾はボロボロでつけ根には牙の傷、体には指の痕らしいものが…おそらく猿に襲われたのでしょう
全身傷だらけで痛々しい

傷ついた岩魚はしばらく生かしビクで休めることにして、急いで上流に向かった。
しかしどこまで行っても水は少なく、その間まったくアタリがなく、「この川の岩魚は天まで昇ってしまったのかも知れない」「もうここに来るのは最後にしよう」などナーバスな気持ちで一杯に。

さらに昔は絶好のポイントだった場所が、下の写真のようにスッカリ干上がってしまっている様子にガックリ(-_-)

残してきた岩魚が心配で戻ってみると、ビクの中でいくらか元気を取り戻したようにも見えたが、この岩魚が生き延びるのは難しいだろう。彼の生命力が奇跡を起こすことを願って川にもどした。
渓流1渓流2渓流3渓流4
 H15年9月     ⇒   H16年4月     ⇒    H17年5月    ⇒   今回H21年9月
いつものサイズ チビ岩魚 黒いイワナこれが本来のマイレギュラーサイズ、チビ岩魚

白いキノコ シャカシメジかな?
車に戻る途中、林道脇で見つけたキノコ。茎は硬くヒダは密でシメジ科のキノコのようだけど…小型のシャカシメジでしょうかね?
これはスギヒラタケ
毒キノコに分類されてしまったスギヒラタケ
ハリタケみ~けッ!
ハリタケは寒天かゼリーのような独特の食感で最高!
キノコ キノコ料理
帰宅後料理してみましたが、ハリタケが一番好評でした~

画像が多いので続きはPART2をご覧くださいm(__)m

釣行記トップに戻る  岩魚のめに戻る 釣行記39PART2へ