渓流釣り釣行記4

岩魚のめは写真とビデオが多い渓流釣りのサイトです

写真と動画が多く表示に時間がかかることがあります


2012年5/5(土)~7(月) 2泊3日栃木県箒川の釣り
ドッグラン
佐野SA(下り)のドッグラン
去年5月から1年ぶりの釣りは、福島県南会津に向かってスタートです。
←小休憩で立ち寄った佐野SAのドッグラン
いつかはパンコ(ブリタニー・スパニエル)と一緒に渓流釣りに行けたらいいな~と思ってます♪
200km走って気がついた!
釣り道具を家に忘れてきてる!
 バッカじゃなかろか~~~

ハンドルたたいて、自分を呪って、「家に帰ろう」と思ったけど、
200kmぶんの時間と費用はもったいない(>_<)
釣りは諦め矢板ICで下りてコシアブラ採りに変更です!
     家に忘れてきた釣具一式

鮒のハリは太いんですよね
でも諦めきれない・・・
予備竿とテンカラ竿と餌と毛鉤もある!
釣具店で
スレ鉤の代わりに鮒鉤
テンカララインはナイロン糸4号
錘と1号糸を買って復活です(^◇^)

中古のウイングロード
山魚女 ヤマメ
 
 目印はタンポポ?

 
 目印を買い忘れた!
 そこで草花を代用すると、それなりに使えるジャン。
 2匹の山魚女はタンポポの花がお気に入りでした。
 きっと女の子に違いない(^^♪
 少々間抜けた顔してるから、きっと成魚放流です。
 でも元気に逃げていく姿は愛らしいですよねぇ~
塩原ミニ情報1:
トイレが設備されたパーキングがいくつもできていて、車中泊がしやすい環境になってました。
暖房の利いたトイレまであって、車の中より居心地がいいぐらい!温泉街にコンビニもできていたし…昔はこんな事はなかったな~  

親子で釣り黙って釣りをする父と息子…これもコミュニケーション 5/6(日)2日目 箒川
美人の山魚女が釣れたあと、突然1人の男性が私の10m前で釣り始めた…!?
結局彼と後ろの年配者とのサンドイッチ状態(ーー゛)
移動すれば良かったけど、意固地になってしまった。
頭はね
頭ハネ野郎
ベテラン
ヒタヒタ迫るベテラン
激しい嵐に襲われて!
昼食後は気分一新!意気込んでいたらポツンポツンと雨が降り始め…
稲妻が光る!雷が鳴る!突風が吹く!\(◎o◎)/ な、なんじゃこりゃ~~
嵐は短時間で過ぎたものの、箒川はドブ川に変身!釣りはTheEnd
 ※この嵐は、筑波で竜巻を起こした同一犯と思われます。
嵐
ものすごい暴風雨に
泥のような川
川はコーヒー色

箒川本流はあきらめ、山道に入ったらコシアブラをみ~っけ♪ &小さな渓流も発見

開いちゃったコゴミ

鉛筆みたいなウド

コシアブラ発見!

君が一番好きだ~

そして小さな流れ
箒川支流の岩魚
宙吊りになった2本の枯れ枝が風に揺れて…「こういうやり難い所には岩魚がいるんだよね~」と餌を落としたら
本当に1投目で来た~\(~o~)/ 久しぶりの岩魚に出会って感無量です! やっぱり私は岩魚が好きだ~ (T-T) うるうる  
でも魚はこの1匹だけで、あとは気配すらなくこの日の釣りは終了。
渓流釣りの楽しみは色々ありま~す
ヤマブキ 熊出没看板  コシアブラとタラの芽
        左はタラの芽、右がコシアブラです
千葉には岩魚がいない!コシアブラがない! それが悔しい!      
前は山ウドが一番好きだったけど、今はコシアブラが一番。コシアブラの美味しさに相方も私もメロメロ。
天ぷらにすると風味が薄れて、何でも同じような味になるんですよね~
でもコシアブラは負けません!
■刻んだコシアブラをバターで炒め、それをご飯に乗せてちょっと醤油をかけたコシアブラライス。最高ですよ~(*^_^*)
花を見たり、熊注意の看板を見たり…
足湯 温泉
   こんなことをしたり…

 ←コレは何だぁ!?
 24時間無料の足湯です。
 源泉から湧き出る温泉を
 引いているそうです。
塩原ミニ情報2:
日帰り温泉は公共の施設が一番安いと思っていたので、塩原は市営「華の湯」を利用してました。ところが「かんぽの宿塩原」の方が
600円で100円も安かった~ ジャグジーもあるし、隣にはトイレ付きパーキングもあるし。(注意)宿泊客以外は食事できません。

5/7(月)
最終日は山菜採りに集中するつもりが、こんな神秘的な川を見つけてしまった…
でも、渓が深くて降りられる所が1ヶ所だけ。こういう場合は降りた場所を入念にチェックして必ず撮影してます。
降りた所が見つからず泣きべそ状態が何度もあるもんで…特に単独釣行の時は慎重に行動しないと大変なことになりますからね!
海と違い山の遭難救助は全額実費。ヘリ1機で100万円~也(^_^;) 
コバルト色の正体は3枚目の写真の下の方に写っている薄緑の岩だと思います。
上流は直ぐに二股に分かれて本命は左側なので、右の川の浅瀬から渡ることに。ところがヒザぐらいの深さでも流れは強い!
小柄の私では足がすくわれる水量と速さです。誰かがいればな~と思うのはこういう時ですよ。

「道の駅やいた」でお昼ごは~ん♪

「かき揚げ定食のお客様~」と呼ぶ声がして、隣の男性が立ち上がって
次の瞬間、「何だこれ!?」という男性のつぶやきが聞こえてコレ→
懸命に食べても減らない(笑)「頑張ってください」と声を掛けてしまった~
山魚女3匹+岩魚1匹+コシアブラいっぱい  今回はこれで満足!

釣行記トップに戻る  岩魚のめに戻る 釣行記45に戻る 釣行記47へ進む