渓流釣り釣行記44

岩魚のめは写真とビデオが多い渓流釣りのサイトです

写真が多く表示に時間がかかることがあります


2010年9/18(土)・19(日)) 2泊2日栃木県箒川と福島の釣り
9/18(土)
本年ラスト釣行は青年+相方と3人で
「釣り堀で1回だけ」というあっちゃんを同伴しての釣行になったが、ここまで250kmを7時間半、平均時速33km。出だしからつまずいた。午後3時になっていたので、結局目的の川をあきらめて箒川本流でやってみることにした。
       小さな虹鱒 カジカ
まず山魚女が来たが川に立ち込んでいたのでキャッチに失敗し、やはり本流ではリリースネットが必要だと痛感。幸い新品のジャケットにはネットを下げるのに都合良いフックがあり、それからはネットを使った。次に小さなニジマス(得意のスレで)そしてカジカ。そこでピタッとアタリがなくなった。
箒川(那珂川水系) 今年最後の釣りはこのシーンから
箒川の本流
初めて川で転んだ!!

あっちゃんは何とかニジマスを1匹。相方も岩魚1と山魚女2、カジカ1とさえない。日が暮れてきたので釣り下って行ったら、エサ入れがポケットから落ちてしまい、流れて行くエサ入れを取ろうとして足が滑った!川で転倒したのは初めてだ。
夏はウェダーを着用しないので、長時間水に浸かっていた体は冷え切っていた上に、さらに左半身がズブ濡れ(T_T)
相方のエサを分けてもらいながら、情けない気持ちで釣っていたらモゾモゾした感触が!?
竿をあおると突然強く引いて右に左にファイトし始め、なかなか寄せられない。腰を落として慎重にネットで取り込んだのは、良く肥えた25cm程の岩魚だった。ネットを使わなければバラしていたかも知れない。
すでに撮影もできないほど辺りは暗くなっていたのでこれにて終了。
太ったイワナ
華の湯温泉 東京から来ていた親切でハンサムなFFマンに「華の湯」という温泉を教えてもらい、日帰り入浴で700円は少し高かったが、おかげで冷え冷えの手足も温まった。
なぜか私が出会う餌釣り師は強欲で行儀の悪いおじちゃんが多くて、FFマンは紳士的でイケ面が多いのよね…。たまたまですよ、たまたま。
温泉で一息
相方とあっちゃん
いい場所じゃん!
バーベキューは囲炉裏式
これがあれば300円でっせいつものような野営や車中泊ともいかず、夜8時を過ぎていたが「箱の森オートキャンプ場」に飛び込んだが満員。
「ここで良ければ」と宿直のおじさんが案内してくれた場所をありがたくお借りしてテントを張った。川魚を食べたことがないあっちゃんのために、今回は特別に岩魚のお刺身。アラはニジマスと共にお味噌汁にした。お刺身は岩魚も海水魚も水を一切使わず作った方が絶対に美味しい!一度お試しあれ。作り方は「渓流釣りの付録」を参照。
この2人用テントは相方専用に買ってあったもの。男2人はテントで、私はパジェロで安眠だもんね~~(^^♪ 
ちなみに翌日の深夜、あっちゃんがパジェロに避難してきた。狭くてもあのイビキよりマシのようだ。納得

                   ※設営料は2,400円。利用者は「華の湯」が割引になるとのことで、翌日は300円で入浴できた↑
9/19(日)
翌日は安全で釣りやすい川。しかし行き交ったキノコ狩りの人に先行者2人が居ることを聞き、上流には行かずに川に降りた。
可愛いワンちゃんです 仕掛け作りが遅い2人 諦めないあっちゃん キノコも不調のようです
ご主人とはぐれた様子の犬 やるき満々のあっちゃん でもアタリがない 2人を見物するキノコ狩の人たち
竿ぬけからイワナ1匹
良く釣れる川だった(?)はずだが・・・
あっちゃんはメゲずに根気良く竿をだしていたがボウズ。相方はチビ岩魚1匹、私もこの岩魚とチビのみで時間ばかり過ぎって行った。先行者がいたせいか?釣り切られてしまったのか?釣り人が増えすぎたのか・・・?
いや、我々がヘボだからというのが正解だろうけど、禁漁直前に釣り去られた運の悪い岩魚たちも多いだろうな。
カッコウはいいですよね
昼食の日本蕎麦
あっちゃんも蕎麦好きということで、昼食は店内で蕎麦打ちをしている本格的な蕎麦店に入った。手作り豆腐とトマトのサービスまであって値段はリーズナブル。2人には大好評だったが、私は半分ほどで胃が痛くなってギブアップ。やっぱり蕎麦アレルギーは治ってないみたい。

2時間も同じ場所でたったの2匹
←どっかり座り込んで、まるでフナ釣りみたいだが、
下からはポイントに届かないし、立つと上の枝に引っかかるし、だから座るしかないわけで、しかもかなりのチョウチン。
岩陰に何匹も魚が隠れていて、その中に1匹だけ良い型の岩魚がいた。岩魚たちは時々顔を覗かせるのだが、どうも食い気がない。夕まずめまで2時間も待って、釣れたのは20cm弱の岩魚2匹とカジカ3匹だけ。(*^。^*)
今回はイクラ・ブドウ虫・秘密のエサの3種類のエサを用意していたが、前日もこの日もブドウ虫の喰いは悪く、この川では秘密のエサよりイクラの方が反応したように感じた。

ということで今年の釣りはこれで終了。渋滞でほぼ1日損をした感じで、釣果もパッとしなかったが、相方が一生懸命準備した秘密のエサでも釣れることが分かったのは収穫。
今年もたった5回(12日間)の釣行だったが、怪我もなく事故もなく無事に過ごせたことに感謝感謝。
年間のキープ数は今回の岩魚とニジマス3匹。※ちなみにニジマスだけは食すると決めています。
残念なのはテンカラでノーヒットだったことと、29cmの最高記録が出たのは良かったが、全体的には釣れないシーズンだったなぁ~ 来年は栃木・群馬以外に出かけてみよう・・・かな?

釣行記トップに戻る  岩魚のめに戻る 釣行記43に戻る  釣行記45に進む